独特の歌詞を持っている演歌

歌には、数多くのジャンルがあります。歌のジャンルというのは、国によって大きな違いがあるものです。現代の社会では、多くの国でポピュラーソングが人気を集めています。日本においても、ポピュラーソングを歌うアーティストが大勢いて、ライブ活動・コンサート活動を頻繁に行っているのです。

昔の日本では、ポピュラーソングよりも、演歌の方が注目を集めていました。ポピュラーソングのアーティストも活躍してきたのですが、それ以上の活躍を見せていたわけです。また、現在では、若手の演歌歌手が登場してきたことで、若い人々の間にも多大な人気が出てくるようになっています。

演歌には、ポピュラーソングとは異なる特徴を持った歌詞が付けられています。歌詞の魅力を知ることは、歌を理解する上で極めて重要です。独特の世界観を持ったジャンルの音楽というのは、他の音楽とは違うタイプの歌詞になっていることが多いです。作詞を手がけた人が、どのような気持ちを込めているのかを、歌を聴くことによって読み取っていかなければなりません。

歌詞の魅力を十分に理解するということの重要性は、歌のジャンルとは関係がありません。どのようなジャンルの音楽を聴く場合であっても、使われている言葉を十分に理解する必要があるのです。作詞者が用いている言葉には、必ず特別な意味があります。その言葉を用いた理由を、自分なりに考えていくことが、作詞者の気持ち、歌の魅力を知ることにつながります。

深みを持った演歌の歌詞

音楽には、数多くのジャンルがあります。大きく分けると、日本の楽曲である邦楽と、海外の楽曲である洋楽の2種類です。このうち、邦楽の中にはポピュラーミュージックという一般的な音楽と、昔から日本人に親しまれてきた演歌というジャンルとがあります。音楽には、それぞれに独特の歌詞がつけられているものですが、演歌の場合は、特別な深みを持った言葉が使われているという特徴があります。日本人の心に染み渡る言葉を選ぶことが、作詞者に求められているのです。一般的には、中年以上の男女が歌っていることが多いジャンルですが、最近では若者の間でも歌われるようになってきました。それだけ、日本人の多くに親しまれるようになったのだと言えます。

歌詞というのは、作詞者の人生が反映されているものです。壮絶な人世を歩んできた人は、人々の心の奥深くに突き刺さるような歌詞を書くことができます。逆に、薄っぺらい人生を歩んできた人の歌詞には、浅はかな印象しか受けないものです。歌詞を見れば、作詞者がどのような人間なのかを読み取ることができます。

どのような音楽でも、言葉によって人々に訴えかけることが大切になります。楽器の演奏というのも大きな意味を持っていますが、音楽の魅力を決定づけるのは言葉なのです。演歌というジャンルは、力強い歌声で訴えかけていくものですが、ただ強く歌えばよいわけではありません。しっかりとした歌詞をつけて、一言一言を力強く歌うことが大切なのです。

色あせない演歌の力強い歌詞

近年の音楽業界では音楽CDの売り上げが大幅に減少しており、その影響でオリコンチャートの上位を独占しているのはAKB48などの音楽CDがほとんどです。
しかしAKB48などの音楽CDには握手券などが特典としてついており、それを目当てに購入される方が1人何枚も購入されるのでそのような状態になっているのです。
実際に購入した人を集計した場合には結果が違ってきます。
またそれらの特典のない音楽CDは大量に道ばたに捨てられていたりオークションで破格値で売られています。
最近のJPOPでは歌詞の質が悪くアーティストの歌唱力もないのでCDの売り上げが悪いのです。
しかし演歌の場合は別物です。
歌詞のクオリティも昔となんら変わらない高品質なクオリティで、歌手の方の歌唱力も大変素晴らしい方ばかりです。
何故JPOPと演歌ではこのような差が生まれているのかというと、演歌では歌詞を提供する方のほとんどの方が古株の方で経験と知識が豊富です。
さらに表現力がある方ばかりだと言うのも特徴です。
また歌唱力の高い歌手の方が揃っているのも地道な営業活動を重ね、入念にボイストレーニングをされているからだとおもわれます。
最近のJPOPでは企画ものの音楽CDが大変多く、素人が歌手デビューなんて事もよくあります。
また最近のアイドルグループは歌手になる目的でアイドルをやっている訳ではなく、歌手としての努力を怠っている人が多いのです。
どちらかというと歌よりもダンスなどのパフォーマンスに力をいれている場合が多いのも現代のJPOPの現状です。

演歌の歌詞に見る不思議

漢字ばかりの和テイストの歌詞が多いかと思っていたのですが、
雪がしんしんと、などのような擬態語や、
ヒュールリーという風の擬音語などが使われています。
演歌の歌詞が意外とリズムを大切にしている事に驚かされました。
祭りだ、祭りだ、のように、威勢よく掛け声のように歌う歌詞、
ずんどこ節をアレンジしてパンチを聞かせたのもあります。
演歌が年配の方のものとは限らなく、
若い人も興味を持って歌詞を知ろうとする事がよくあるようで、
耳に残るリズムなど、多少なりとも興味を示しているようです。
カラオケでも若い人達が成りきりで熱唱する姿をよく見掛けます。
地名や日本の伝統的な物の漢字が読みづらいものがあり、
送り仮名を書かないといけない場合もあります。
歌詞として表記する場合、そこだけ文字バランスが膨らんでしまいます。
著作権の関係で、コピペできないようにテキストではなく
歌詞全体を画像とし掲載する関係で、文字が小さくて読みづらいといった声もあります。
画像として拡大したり、拡大プリントするなどで利用して頂くようにしています。
広い世代が、一度は聞いた事がある曲が多いのも特徴ですので、
誤字や脱字などがないように気をつけて掲載するようにしています。
海外の方が日本の文化に興味を持たれて、利用される事も多くなってきました。
日本のアニメーションのように、演歌も日本を代表するエンターテイメントとして
認めらるようになってきているようです。